アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

言葉にまつわる話

高橋 咲良
2024/05/22
皆さんは、普段つい使ってしまう「仙台弁」はありますか?✨
わたしは、同意を意味する「だから」や、違和感があるなどを意味する「いずい」をよく使います。

方言を使うと、相手とグッと距離が近づいて親密になれる気がしますし、標準語にはない、方言ならではのあたたかみが、とても好きです。
先月、そんな「仙台弁」にまつわる取材をしました。

方言学が専門の東北大学・小林隆名誉教授に、お話を伺ったのですが、今の仙台弁のルーツは、奈良時代や平安時代に都で使われていた言葉にあるそう。
例えば、可愛いを意味する「めんこい」は、万葉集に出てくる「めぐし」が元であったり、語尾につける「~け」や「~べ」は、「けり」や「べし」が変化したものであったり。普段何気なく使っていた方言が、急に雅に思えました。

小林名誉教授は「千年前の言葉を今の仙台人が使っているという。仙台方言は言ってみれば無形文化財とか文化遺産。そして、それをしゃべっているお年寄りは人間国宝と私は考えている。」と仰っていてました。仙台を使いこなす皆さんは、人間国宝です!
これまでよりも、胸を張って方言を使いたくなる言葉でした✨(笑)

つい先日も、インタビューで、これはどういう意味だろう?と迷った仙台弁がありました。
それが「ねむかけ」です。
何だか分かるような、分からないような…うとうとしている様子かな…と思いながら。
正解は「居眠り」です!

千年の時を超えて、形を変えながら今なお使われ続ける、地域ならではの方言。
大切にしていきたいものですね。

☆写真☆
写真は全く関係ありませんが!(笑)休日に軽井沢へ行った時のものです🍃
窓から見える、日差しに照らされた新緑が美しくて、思わず撮りました📷
定禅寺通りのケヤキ並木も青々として美しいですが、新緑の季節は心が晴れやかになりますね☻

続いては、梅島アナウンサーです♩

昭和

高橋 咲良
2024/05/08
ドット柄などの可愛らしいお洋服に、何だか味わいのある商店街など…
様々な昭和レトロがありますが…

私は特に、昭和レトロな食べ物が好きです。ケチャップが効いたナポリタンや、かためのプリンなど。中でも、これはいかにも、昭和レトロと思うのが「クリームソーダ」です!

味も、もちろん美味しいですが、鮮やかな緑色と、みずみずしくはじける炭酸、まん丸のアイスクリームに、可愛らしいさくらんぼをちょこんと乗っけた、見た目についつい惹かれます。

最近はブームもあってか、至るところでクリームソーダを見かける気がします。食べるだけに留まらず、その可愛らしい見た目からか、クリームソーダ柄の便箋や傘なども販売されていました…!

最近クリームソーダを飲んだのは、先月のお花見の時です。青葉区の西公園で友人とお花見をしたのですが、とても良いお天気で暑くなり、何か飲み物が欲しいなと辺りを見渡してみると…
公園内のキッチンカーで、クリームソーダが売られていたのです…!
満開の桜を、クリームソーダ片手に楽しみました♩
桜の下で撮った写真、鮮やかなクリームソーダが映えていませんか ?!

ちなみに前のアナ・ログで、お花見はタイミングが難しいという話をしまして、今年はまだ、天気と見頃が重なった最高の花見が出来ていない…と書いておりましたが、この西公園での花見で無事、最高の花見が出来ました…✨

続いては、佐藤アナウンサーです♩

春と言えば!

高橋 咲良
2024/04/15
春といえば、やっぱり桜です🌸
仙台でも桜の満開が発表されましたね。

今年は新型コロナが5類へ移行してから、はじめてのお花見シーズンということもあってか、桜の名所には、多くの人が訪れているような印象です。
皆さんは、お花見はされましたか?✨
毎年思うのですが、お花見は本当にタイミングが難しい !!!

「よし、仙台も満開が発表されたことだし、次の休みにお花見をしよう!」と決めても、お花見に選んだ場所では、見ごろより少し早かったり、当日の天気が良くなかったり、前日に雨が降って散ってしまったり。
こんな感じで、ぽかぽか陽気の中、青空のもと、満開の桜を楽しむって、中々難易度が高いなぁといつも思うのです。だからこそ、天気や咲き具合、全ての条件が揃ったお花見が出来ると格別ですね。

今年はというと、上手くタイミングが合わず、最高の桜は見られておらず...
来年に期待ですかね(*゚▽゚*)

⭐︎写真⭐︎
これは先月末に韓国へ行った際の写真です。
韓国にも桜がありまして、この時はまだ咲き始め !!
ただ、これが今年はじめて見た桜だったので、気分が高揚しました♩

続いては、千坂アナウンサーです🌸

新年度 2024

高橋 咲良
2024/04/01
きょうから、新年度です!
新しいスタートは、いつだってワクワクしますね。

私自身は引き続き「仙台放送LiveNewsイット!」のキャスターとして、ニュースをお伝えしていきますので、皆さまこれからもどうぞよろしくお願いいたします✨

ちょっとした変化もあります!
「イット!」の中で、私が主にリポーターを務め、月に1回放送していた「みやぎ御朱印散歩旅」ですが、こちらが終了しまして、新しく「プラいち!」というコーナーがはじまります(*^^*)
引き続きリポーターを担当しまして、皆さんの生活が楽しくなる、生活に役立つ情報をプラス出来るコーナーを目指します!

「みやぎ御朱印散歩旅」は2022年4月から始まり、2年間で24の寺社を訪れました✨
これまで頂いた御朱印は、どれも個性豊かで、眺めているだけでも楽しいです。
また、緑豊かで静寂に包まれた境内は、心穏やかになれる極上の癒しの場でもあると、様々な寺社を巡る中で再確認しましたので、
心を整えるためにも、これからも個人的に御朱印集めは続けていこうと思います♩

☆写真☆
最後の「みやぎ御朱印散歩旅」では、仙台市内にある「仙台大神宮」を訪れました。
権禰宜手づくりの消しゴム判子で描かれたシダレザクラが美しい✨
花を咲かせ散りゆく桜は、新しい出会いと別れも表現しているそう。
こちらの御朱印は、4月17日までの「桜詣」期間限定のものでして、新生活がはじまるこの時期、良い縁がありますようにとの願いを込め、「桜結び」という名前がつけられています🌸

続いては、下山アナです♩

東日本大震災13年

高橋 咲良
2024/03/25
東日本大震災の発生から13年となりました。
震災により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

今年は能登半島地震が発生し、変わり果てた能登の様子や、心の痛むニュースが連日報じられ、もしかしたら、いつもよりも鮮明に、あの日を思い出されたかもしれません。
そうした中で、東日本大震災の教訓が生かされたという話を、ニュースなどで見聞きすると、伝え続ける大切さ、学び続ける大切さを改めて感じます。

今月9日、女川町出身の絵本作家・神田瑞季さんの作品展が、ふるさと女川町で始まり、その取材に伺いました。
神田さんは、2021年から3月11日に合わせて女川町で作品展を開いていて、今年で4回目を迎えました。

今回のテーマは「桜」(写真がその作品です。)
桜と言うと、ワクワクするようなイメージが私はあるのですが、この作品は「切なさと希望が併存する作品」と神田さんは仰っていました。たしかに、桜の上に広がる空は灰色に曇っていますし、どこか落ち着きのある作品です。
この作品の製作途中に、能登半島地震が発生したことなどから、明るいだけではない、影の部分も表現したそうです。

神田さんの作品は多彩な色使いが1つ特徴だと思いますが、今回は使う色も絞りました。「その方が1人1人に寄り添える気がする」そこには、神田さんの意図がありました。

神田さんはこれからも、3月11日に花を供えるように色を添えていきたいと話されていて、自分らしい方法で故郷に寄り添い、震災について考え続ける神田さんを見て、私自身が出来ることを改めて考える取材でもありました。

「テレビを通して、より多くの方々に伝えること」これが私が出来ること、そして使命だと思います。

続いては、伊藤アナです!

最近こんなことしています

高橋 咲良
2024/03/05
何てことない事ですが、最近、朝ちょっと早く起きることを心がけています。

今までは、家を出る1時間半前に起きて、
朝ごはんを食べて、持ち物を整理して、身なりを整えて…という風に過ごしていたのですが、私の動きがゆったり過ぎるのか?意外と時間がない…!
いつも慌てるように家を出てしまって、せかせかと1日が始まるのが何だか嫌でした。

これを最近は、家を出る2時間前に起きる、余裕があれば2時間半前に起きるようにしてみました。
30分から1時間、好きなことが出来る時間が生まれたことで、
読書をしたり、気になる所の掃除をしたり、見たかったドラマを見たりと…1日の充実感が変わった気がします。

今まで支度をしながら流し込むように飲んでいたコーヒーも、
まったりと味わうことができ、心に余裕が持てて良い感じです。

早起きの良さは分かっていても、あと少しだけ…とズルズル寝てしまうことも、もちろんあります。
そんな時に、手軽に早起きモチベーションを高めてくれるのが、
YouTubeにアップされている色々な方の「モーニングルーティーン」の動画です!
朝からお菓子を作ったり、家の緑の手入れをしたり、近くのカフェに出かけたり、資格取得の勉強をしたり…
そんな素敵な朝を過ごされている方の動画を見ると、私もこんな朝を過ごしたいっ!と、苦手な早起きも頑張れます🔥

今は、頑張って早起きを続けている状態ですが…
これが当たり前の習慣になるまで、続けたいものです。

☆写真☆
大好きな「ちいかわ」のグッズを集めたり、イベントに行ったり…といった「ちい活」も、相変わらず続けております✨(笑)
これは、今年1月に韓国で開催された「ちいかわカフェ」に行った時のものです!
パネルのちいかわが韓国語を喋っている…!食べるのも勿体ない、ちいかわパンケーキを注文🍴
1時間くらい待って、ようやく入店できました。
日本人以外のお客さんも沢山いらっしゃって、ちいかわの可愛さが、海を越え世界に広がっていることに感動しました…(笑)
ちいかわの活躍をこれからも応援します( `ー´)ノ

続いては、西ノ入アナです☆彡

寒さの話あれこれ

高橋 咲良
2024/02/14
今年は暖冬と言われていますが、日によっては、寒さが身に沁みる時もありますよね。

そんな時、私はやっぱりお風呂です !!!
以前も、このアナ・ログに書いた気がするのですが、入浴剤が大好きでして、「今日はどれにしようかな…!」と選ぶ時間が幸せです。

今ハマっている、寒い日は迷わずコレ!というのが、「アオモジ」という植物の香りがする入浴剤です。友人からの誕生日プレゼントです(*^^*)

レモンのような、すっきりとした香りに癒されますし、身体がぽかぽかと温まって、お風呂から上がってしばらく経っても、足先まで温かいままです。加えて、身体の保湿もしてくれますから、この時期にぴったり!
本当に素敵なプレゼントを貰いました~!感謝です。

☆写真☆
今日は「バレンタインデー」ですね♩
先日チョコを求めて仙台三越で行われている「サロン・デュ・ショコラ」へ行ってきました。
オープン3日目の土曜日に行ったのですが、思うように歩けないくらい、会場には多くの人が訪れていて、チョコも溶けてしまいそうな熱気に包まれていました !!!
皆さん、メモや雑誌を手に、熱心にお目当てのチョコを買い求めていましたが、私はと言うと、事前知識なしで臨みまして、直感で3箱選びました!
味はどれも絶品(´▽`*)
購入したチョコは、旅の途中に新幹線内で食べました(笑)

続いては、金澤アナウンサーです !!!

試験の思い出

高橋 咲良
2024/01/31
とにかくアナウンサーになりたくて、
試験を受けるため全国各地を飛び回っていた、就活生時代。

せっかく訪れたのなら、名物を食べようと、
名古屋ではボリューム満点の味噌カツを食べ、富山では甘い白エビのお寿司を食べ、
福岡ではにんにくの効いたスープと、とろけるモツが癖になるもつ鍋を食べ…という感じで、
アナウンサー試験の思い出は、各地の美味しいものと共にあります!(笑)

静岡県の放送局を受けた時は、その放送局の番組で取り上げられていた飲食店を訪れました。
食べたのは、地元のサッカー部が良く食べるという、チーズチキンカツをのせたオムライス。単純ですが、試験に勝つ!という思いも込めて…!
お店の方とお話しする機会があり、この後放送局の試験を受けることを話したら、
「がんばってね!合格したら、うちに報告に来てね!」と、優しい言葉をかけて下さって、「これ、お守り!」と、お店のグッズまで頂いたことがありました。
何気ない会話でしたが、試験前の緊張がふわっとほどけて、自分らしく試験に臨むことが出来ました。

アナウンサー試験は上手くいかないこともありましたが、
その土地ならではの美味しいものと、地域の方との何気ないやりとりに、癒されていたなぁと感じます。

☆写真☆
きのうの「イット!」で放送した「みやぎ御朱印散歩旅」では、登米市登米町を訪れました!
明治時代に建てられた小学校を活用している教育資料館では、
当時の学生や教師をイメージしたレトロな衣装をレンタルすることが出来まして、今回のロケで着させて頂きました。
気分は、学生です・・・!(笑)
この姿で、街を散策することもできますよ♩

続いては、佐藤アナウンサーです!

2024年どんな年に?

高橋 咲良
2024/01/17
能登半島地震により亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
大切な人を失い、住み慣れた街や家の変わり果てた姿を目の当たりにし、
これから先が見えない状況に、悲しみや不安はいかばかりかと、本当に胸が痛みます。
被災者の皆さんに、心安らげる日々が一日も早く戻ることを願っております。
私自身も、被災地に心を寄せながら、とても小さな力ではありますが、自分が出来ることを続けていこうと思います。

今回のお題「2024年どんな年に?」ですが、
新年を迎えるにあたって、いくつか目標をたてました。
とっても基本的で、ここで話すのも恥ずかしいくらいの目標なのですが、その中から、2つを…!

◆本を、月に最低2冊は読む。
→新年1冊目は、「栄養学」に関する本にしました。
何となく身体に良さそうではなく、ちゃんと理解した上で身体に取り入れて、健康を維持したいなと思い、選んでみました。

◆常にベストな状態でいるために!睡眠にこだわる。
→様々な番組などで、睡眠について研究していらっしゃる、筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史教授の話を聞いて、睡眠について考えるように。
先生によると、何よりまず「睡眠量」が大切とのことですが、私はというと、睡眠時間は大体5時間~6時間くらい、つい夜更かししてしまって4時間…なんて時もよくあるので、これはいけない!と改善にのりだしました。

今年1年、知識を蓄えて自分の引き出しを増やしつつ、
心も身体も常に万全の状態で、何事にも前向きに取り組めるよう、
上の2つを実践していきたいと思います!

☆写真☆
フジテレビのお正月の特別番組「有吉弘行のプライベートジェット爆食ツアー!日本全国芸能人の勝負差し入れフェス2024」に出演した時のものです。

続いては、伊藤アナウンサーです(*^^*)

2023年を振り返って

高橋 咲良
2023/12/21

先日、宮城の伝統的工芸品「堤人形」を取材しました。
来年の干支「辰」にちなんだ置物づくりが最盛期を迎えていて、
職人の芳賀強(つよし)さんが、お一人で、1つ1つ丁寧に、
色を付ける「彩色」の作業をされていました。

置物は、雲と波の間から、天へと向かう「昇り龍」のデザイン。
よく見ると波しぶきまで再現されていて、その細やかさに感動しました。
龍の鮮やかな緑色と、波の澄み渡る青、雲のまっさらな白など、色合いが爽やかな作品で、
来年も良い年となりそうな予感です。

今年も全国から注文が入り、来年2月まで作業は続くとのこと。
新年を迎える準備が、着々と進められていました。

本当にあっという間に、今年も終わってしまいますが…!
日本漢字能力検定協会が選ぶ「今年の漢字」のように、
私の今年の漢字を選ぶとしたら…!「進」です。

今年5月に、新型コロナの感染症法上の位置づけが5類に移行され、
時と場合に応じて、依然として感染対策は必要なものの、
世の中が次の段階へ「進」んだ気がしました。

ニュースでも、4年ぶりに通常規模で開催されたイベントや行事を、沢山お伝えしました。
私自身も、久しぶりに県外の友人と旅行をしたり、アーティストのライブへ行ったり、海外へ行ったり、ここ数年我慢していたことを、少しずつ実現することが出来ました。

来年は、さらに世の中が良い方へ進みますように…

続いては、飯田アナです♩