アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

発見

伊藤 瞳
2021/11/11
先日、仙台放送の本社から、空に大きな虹がかかっているのを発見しました!一緒に見つけた寺田アナと下山アナと喜びました。
写真は、その大きな虹と、消えかけでしたが、寺田アナとのツーショットです♡
虹が出るのは、科学的に証明できることですが、そうとは分かっていながらも…
発見できた時は、何か幸せな予兆のような、ラッキーな気持ちになります(*^^*)

さて、皆さんも、日常の中でも、ふと周りを見たとき、珍しい形の雲があった!や、こんなキレイな花が咲いていた!などあらゆる発見があるかもしれません。そんなときは、是非、「FNNビデオポスト」にご投稿ください。
10月から担当している、イット!のお天気コーナーで平野気象予報士とご紹介することがあるかもしれません。
幸せな発見の共有、何卒よろしくお願い致します。

お次は、金澤アナウンサーです。

注目

伊藤 瞳
2021/10/29
私は、学生時代、出来れば、注目されずにいたいと思う…引っ込み思案でした。

ただ、本当に不思議なのですが、「プレゼン」や「発表」となると、そのタイプが一変するのです。
「人の記憶に残る発表をしよう」
「眠気も覚めるような発表をしよう」
スイッチが切り替わるのか、そんな気合いがあり、今思うとよくあんなこと出来たな…という発表を様々してきました。しっかり意図はありますが、歌を歌う演出を入れたり、聞き手を巻き込んだり…声も普段よりハキハキして、非常に生き生きしていました。自分自身が、二重人格のように豹変する自分にいつも驚いていました。

ただ、その不思議な人格があったから、今アナウンサーになれているのかもしれません。今も、普段は、引っ込み思案なタイプなのは変わっていませんが、アナウンスをするときは、そんな自分ではなくなり、気持ちが強くなります。
普段と全然違うよね。と言われることがしばしば。その人格の変化を完全に解明したわけではありませんが、「人に伝える」ことが好きなことは間違いないなと感じます。

写真は、10月上旬に取材で行ったみちのく杜の湖畔公園の秋景色です。
彩り豊かで綺麗でした。

次は、佐藤拓雄アナウンス部長です。

伊藤 瞳
2021/10/15
私は、自分をゴレンジャーに例えると、黄レンジャーだと思っています。

服装が、黄色系が似合うと言っていただけることが多いというのもあります。仙台放送ホームページの個人プロフィール写真も、仙台放送イット!の宣材写真も、黄色の服を着ています( *´艸`)

あとは、みんなの先頭に立って、引っ張っていくというよりは、誰かの後ろで、支える役割の方が性に合っていると思います。
中高で所属していた声優の部活動では、6年間、オーディションで選ばれる配役は、主役ではありませんでした。ヒロインの親友、ヒロインを支えるおばさん、ヒロインの恋人など…

とにかく、主役が辛いときに誰よりも近くで寄り添ったり立ち直るよう喝を入れたりする役割でした。
主役にはなれませんでしたが、どの役割も心から楽しくて誇りに思ってやっていました。

日常の中で、ゴレンジャーのレッドの立場に憧れの気持ちが生まれるときもありますが、部活動の演技を通して、支える役割がないと物語が前に進まないというのを知っています。
アナウンサーとしても、背伸びをしすぎず、等身大の自分色で、縁の下の力持ちになることを目指しています。

写真は、アルバムを振り返って、黄色づくしのものを選びました(笑)
大学4年生のときです。

お次は、下山アナウンサーです。

オンライン

伊藤 瞳
2021/09/22
今日スタートの新テーマは、「オンライン」
この2年で、人とつながるために「オンライン」は欠かせないものとなりました。親睦を深めるのも「オンライン」が主流になりましたが、ある理由から、私には合いません…

今年仙台放送に入社した1年目の新入社員と、2年目のメンバーで、4月に「オンライン親睦会」を行いました。計画したときは、「先輩として不安を解消してあげる、頼れる人」に思ってもらえるようにと、私なりの理想がありましたが…
大失敗に終わってしまいました(泣)

というのも、親睦会は、オンライン会で便利なアプリケーションを使用することになったのですが、私は、アプリを起動させても、どうしてもエラーになってばかりで、一向に入ることができませんでした。順序に従って入っているつもりなのですが。

思い当たるところはありました。私は、昔から機械との相性が頗る悪く、他の人はスムーズにいくところが、いつもいばらの道なのです。何かの不思議な電磁波を持っているのではないかと思うほど…

それで、結局のところ、親睦会の定刻に間に合いませんでした。

私が来られない間、同期のメンバーがトークでつないでくれていたようなのですが、それでもこちらは、全く上手くいかず、1時間が経ってしまいました。つなぎとも言えぬ時間です。自己紹介も終わっています(笑)

その後、何とかトーク画面に入ることはできたのですが、電波が悪く、いっこく堂さんのネタのように、
「伊藤の声が、みんなの元に、3秒ほど遅れて、聞こえて、くるよ!」
という現象が起きました。もうポンコツパレードです(笑)

結局、見かねた同期のメンバーが、私でもすぐに使える別のアプリに切り替えようと言ってくれて、1年生も巻き込んで、そのアプリに引っ越ししてもらうことになりました。
お恥ずかしい。

親睦会での私の初めの挨拶は、
「ごめんね、本当にごめんね」
「こんなポンコツな伊藤なので、気軽に話しかけてね」
1年生は優しいので笑顔で反応してくれましたが、妄想していた自己紹介とまるで違います。理想は早々に崩れてしまいました。
「オンライン」でなければ…!と思ってしまった苦い思い出です。

写真は、YouTube企画「先輩ウォッチャーズ」4回目で、佐藤拓雄アナウンス部長にインタビューした際の写真です。
近々公開予定です。是非ご覧ください。

アナログ、お次は、機械にお詳しそうな下山アナウンサーです。

お菓子

伊藤 瞳
2021/09/15
12日に、24歳になりました。
この24年間を振り返ると、伊藤の人生には、お菓子は欠かせません。特に、甘いお菓子が大好き。
一人暮らしで、野菜などの栄養を気にするべきところ、それより先に、今日も冷蔵庫には、板チョコやチョコレートクッキーが補充されています。
ただ、あるとつい、食べ過ぎてしまうので、その習慣は、抑えていかないといけないなあと思っていました。

そんなとき、先日、中学・高校・大学と長きにわたる学生生活を共にしてきた親友Yさんから、「お中元」が届きました。Yさんは、私が宮城で一人暮らしをするようになってからもずっと気にかけてくれる存在で、昨年から「元気にしている?」の思いをこめた「お中元」を送ってくれています。
昨年は、アロマのような良い香りで、美に効きそうな成分を含んだ石鹸。そして今年は、はちみつの紅茶のセットでした。

これがたまらなく美味しいのです。
飲んでみると、始めは紅茶の風味がいっぱいに広がりますが、後から、はちみつの濃厚な甘味が追いかけてきて、口に幸せを運んでくれます。
後味爽やかというより、むしろ甘さが残り、紅茶だけでお菓子を頬張った時のような満足感を得られます。

紅茶は、甘いお菓子のお供ということが多かったのですが、お菓子の供給なしに、今後は、はちみつ紅茶をメインに楽しめる日々を続けられそうな予感がしています。

センス抜群な友人のおかげで、24歳も幸先の良い幕開けです。

写真は、2年前、大学4年生の時にYさんと、埼玉県の秩父に遊びにいったときのものです。日本史好きの私には嬉しかった思い出の写真です。

お次は、金澤アナウンサーです。

夏あれこれ

伊藤 瞳
2021/08/26
夏は、通常なら花火大会があって、特に恋愛ドラマでは大切な季節。最近Tverでもう1度見返していた「恋仲」という恋愛ドラマでも、花火大会は、ドラマが進むうえで欠かせないキーイベントです。浴衣を着て、好きな人と花火を見て、きゅんきゅんの連続ですよね。憧れます(笑)

ただ、私自身は、恋愛ドラマに見るような甘い夏を過ごした記憶がありません。中学高校6年間女子校で(笑)

夏と言えば、全力で部活動に打ち込んでいました。というのも、9月には文化祭があったからです。私は、放送部(アテレコを学び、声優さんのように実践する部活)に所属していて、文化祭では、1年でも最も大切な、劇の発表会があったので、夏は最後の追い込み。練習に打ち込むほかありません。毎日学校に通って練習、練習、練習。合宿もありました。

放送部というと、柔らかい雰囲気の部活と思われがちですが、実態はその逆だったと思います。発表のクオリティに妥協をしないので、先輩でも同級生でも後輩でも関係なく、厳しい感想を言い合います。
ダメ出しで台本が真っ黒になるくらい(笑)
かなりストイックで熱い部活でした。
ただそのおかげで、夏のフィナーレ文化祭は、達成感と感動で、毎年、仲間たちとのかけがえのない景色に出会えました。甘いなんて程遠い、むしろ辛い夏だった気がしますが、私にとっては、そんな夏が尊くて、思い出すときゅんとします。

写真は、2021年夏の空です。
お次は、佐藤拓雄アナウンス部長です。

8月8日はお米の日

伊藤 瞳
2021/08/06
お米は本当に好きです。
もちもちとした柔らかさもありつつ、
しっかりと食感のあるお米が好きです。

それにお米の香りも好きです。
一人暮らしを初めてからの日頃の楽しみが、
「炊飯器を開けて、炊き立てのお米の香りを嗅ぐ」ことです(笑)
あの独特の良い香りに包まれて、しばらく炊飯器の前にとどまってしまいます。

私が1番好きなお米のお供は、やっぱり焼き肉です。
こんがり焼いた肉を炊き立てホカホカのお米と一緒に頬張る…。
想像しただけで、食欲がわきます。
もう、早く、食べたいです。


この思いがよく分かる写真がありました。
目の前に、焼き肉があって、
ちょうど、ご飯が運ばれてきたタイミングでの1枚です。
お肉とお米を前に、にこにこです(笑)
この日は、腹20分目くらい味わいました( *´艸`)

明日は、牧アナウンサーです。
YouTubeで新しい企画を始めました(*^-^*)
仙台放送のアナウンス部で1番年下の私が、
先輩アナウンサーに気になることを直接インタビューします!
アナウンス部の雰囲気も感じていただけると思います。
初回のゲストは、西ノ入菜月アナウンサーです♡
是非ご覧ください。写真は、インタビュー中の様子です。

さて、私がアナウンサーを目指したきっかけは、家族です。
母、叔父、兄がアナウンサーで、
幼い頃からアナウンサーの仕事を知る機会が多くあり、影響を受けていました。

中学と高校では、放送部に、大学では放送研究会に所属し、
アルバイトは、放送関係。
就職前の人生の大半で、声を使うことを続けていました。

声優や翻訳家など憧れは多くありましたが、
気付くと、思いは、アナウンスに引き戻されていました。
きっかけは家族でも、
自分自身が、やっぱり、アナウンスが好きなんだと思います(*^-^*)

「好き」を仕事にさせていただけることに感謝します。

次は、堤勇高アナウンサーの「きっかけ」です。

おうち時間

伊藤 瞳
2021/07/01
7月が始まりました!(*^-^*)
もう2021年も折り返しですね。
今日からお送りするテーマは、「おうち時間」です。

最近の私の「おうち時間」は、あっさりしたものを食べることにはまっています。
以前のアナログで、朝はパン派などと書いていましたが、最近は、ほぼ連日、朝、温麺かうどんを食べています。汁をすぐ吸ってしまうので、あっという間に、麺だけになるのに苦戦しながら、美味しく食べています。

昨晩は、おうちで、湯豆腐鍋を食べました。そのままでも優しい味で美味しいですが、ポン酢につけて食べるのが、これまた好きです。

それから、無性に今食べたいのは、ミルフィーユ鍋。豚肉と白菜だけですが、なぜだかエンドレスに食べ続けられます。すき焼きとしゃぶしゃぶの二択ならすき焼きを選びがちな私ですが、今は、しゃぶしゃぶも恋しくなってきました。夏だからでしょうか。

それにしても、また食べ物の話をしてしまいました。おうち時間で、食べることに夢中なのは、年中変わりません(笑)

写真は、数年前に、家族で三重県に旅行したときに食べた「伊勢うどん」です。
噛む力もいらないくらい、麺がふわっふわでした。

明日は、下山アナウンサーです。

雨といえば

伊藤 瞳
2021/06/18
雨といえば、思い出すのは、一昨年、大学4年生の9月に行った、ディズニーランド。夕方に入場して、しばらくしてから大粒の雨が振り出しました。
頭にはミニーマウスの大きなカチューシャをつけていたので、直接雨粒を感じずに、冷えは緩和されていた気がしますが…

それにしても、強烈だったのは、ビッグサンダーマウンテンに並んでいるとき、遠くに、稲光が…。さらに大きな雷音が聞こえました。
今考えると…、リアル ビッグサンダー。乗り物に感じるスリルすらかき消す恐怖でした。

このときのディズニーランドは、当時仲良しのメンバーが、9月生まれの私を祝ってくれた、“サプライズディズニー”でした。行先も言われず、気が付くと、舞浜に。非常に幸せでした。
写真は、雨が降る前、サプライズに喜んでいるときのものです。このあと雨が降り出すとは…確かに後ろの雲が怪しい感じ…
あのときは、予想することができませんでした。

さて、日本列島に梅雨前線がかかるこの時期。大雨による河川の氾濫、浸水、土砂災害などに十分にお気をつけください。
また、夏になると、大気の状態が不安定になりやすく、雷が発生することも多くあると思います。皆さまの地域に雷注意報が出ていないかなど、日頃、最新の気象情報を確認して、どうか安全にお過ごしくださいませ。

お次は、金澤アナウンサーです。